会社概要

沿革

1946年 酒井栄、目黒区洗足にて旭光電気工業株式会社設立
1965年 川崎工場開設
1966年 商標登録「テレポン」取得
1967年 主力製品、音声呼出電話機「テレポン」特許取得
1973年 テレポンが国鉄規格品(JRS)となる
1975年 本社を川崎市高津区坂戸へ移転、工場拡張
神奈川県優良工場指定
1980年 一般建設業(電気通信工事業)許可取得
601型音声呼出電話機(テレポン)を開発
1985年 選別音声電話機を開発
1986年 ローカルホンシステムを開発
1987年 酒井不二雄、代表取締役社長に就任
旭光通信システム株式会社に社名変更
PB式4W電話機を開発
1988年 鉄道向け指令電話システムを開発
1991年 テレポン「DP3シリーズ」を開発
複合電話システムも販売開始
ソフトウエア事業へ進出
1992年 指令子電話機「DP8シリーズ」を開発
1993年 東日本旅客鉄道東京地域本社に輸送指令用電話システム、指令端末電話機「PB-1、PB-100シリーズ」を納入
1994年 八戸事業所を開設
ハンズフリー式遠距離型通話装置「Alシリーズ」を開発
1996年 京成電鉄に運輸指令電話設備システムを納入
長野新幹線に駅集中電話システムを納入
1997年 首都高速道路公団東京管理部に一斉指令放送装置他、通信設備を納入
1998年 駅構内バリアフリー向けインターホンを開発
1999年 東京都交通局大江戸線に沿線電話他、通信設備を納入
東日本旅客鉄道東北新幹線変電所に集中電話「DSシリーズ」を納入
2000年 有線・無線を結合した無線テレスピを開発
小型集中電話装置「BSシリーズ」を開発
2001年 ISO9001認証取得
2002年 小田急電鉄に運輸指令電話設備を納入
八戸事業所に板金工場を落成
2003年 東急電鉄に運転・電力指令電話装置を納入
2004年 つくばエクスプレスに指令電話装置、各駅構内インターホン、起床通報呼出装置を納入
2005年 西武鉄道に運輸指令電話設備を納入
相模鉄道に運輸指令電話設備を納入
2006年 ISO14001認証取得
東武鉄道に電力指令電話設備を納入
10回線用集中電話装置を開発
2007年 京阪電鉄に指令電話システムを納入
テレスピ「DP5シリーズ」を開発
監視カメラシステムを開発
長野電鉄に旅客案内表示システムを納入
2008年 特定建設業(電気工事業)許可取得
近畿日本鉄道に運転指令電話システムを納入
列車接近表示器(音声案内付)を開発
2009年 東武鉄道に運転指令電話設備を納入
東日本旅客鉄道にIP指令電話機を納入
八戸事業所隣接地に東北営業所・プロダクト設計棟を開設
2010年 コードレスヘッドセットアダプタ「HMK-3シリーズ」を開発
東日本高速道路に非常電話機を納入
北海道旅客鉄道に旅客案内放送装置を納入
2011年 酒井元晴、代表取締役社長に就任
中日本高速道路にIPスマートインターホンを納入
山陽電気鉄道に指令電話システムを納入
2012年 東日本旅客鉄道に田端指令アダプタを納入
首都高速道路に非常電話機を納入
2013年 八戸事業所第三期工場落成
北海道旅客鉄道に北海道新幹線IP指令電話機を納入
2014年 神戸新交通に六甲アイランド線指令電話装置を納入
広島高速交通に運転指令電話装置、電力指令電話装置及び沿線/転てつ電話機を納入
神戸電鉄に指令電話設備を納入
2015年 北海道営業所を開設
仙台市交通局に運転・電力指令電話システムを納入
小田急電鉄に運転指令電話システムを納入
近畿日本鉄道に運転指令電話設備、電力指令電話設備を納入
2016年 本社を川崎市高津区久本に移転

 

 

ページ上部へ